Toggle Menu

LHa for UNIX with Autoconf


LHa for UNIX の歴史

出典:LHa for UNIX の lha.man, README.euc, lharc.c(敬称略)

1988奥村晴彦LZARI 発表
三木和彦Nifty-Serve に LZARI を紹介、LArc を作成
吉崎栄泰LZARI を元に LZHUF 法を開発、MS-DOS 版 LHarc を作成 (version 1.13c)
田川洋一LHarc for UNIX ver.0.00 ~ 1.02
吉崎栄泰LHx for MSDOS ver.C2.01
H.SLHarc for UNIX を OSK に移植、LHx のアルゴリズムを組み込む
1990Sakura Tomozou (Momozou)LHx(arc) for OSK ver.2.00, 2.01
(LHx(arc) for OSK は LHarc for UNIX に MS-DOS 版 LHx C2.01E のアルゴリズムを付加したもの)
1991吉崎栄泰MS-DOS 版 LHA ver.2.11
1991 - 1992沖勝LHx for UNIX ver.0.02
LHa for UNIX ver.0.03 ~ 1.00
1993 - 1995綿崎修隆LHa for UNIX ver.1.10 ~ 1.14
1996 - 2000岡本継男LHa for UNIX ver.1.14a ~ 1.14i

1.00 から派生したバージョンが存在したようです。

1992Tom Kloos, Jean-Pierre Radley, Greg RoelofsLHa for UNIX ver.1.01u, 1.02

また、1.14 からの派生物としては autoconf 版以外にも下記がありました。(リンク切れ)

2000S.K.LHa for UNIX ver.1.15
(1.14f をベースに -lh6- に対応)
2004作者不詳LHa for UNIX ver.1.16, 1.17
(1.15 をベースに -lh7- に対応)